過払い金請求いろは

image

「過払い金請求いろは」へようこそ

当サイトは[過払い]についての情報サイトです。
今やテレビコマーシャル、電車やバスのつり革広告でも見かけるようになり市民権を得たと言っていい「過払い金」という言葉。具体的にどういったものかをあまり認識できていない方も多いのではないでしょうか。

当サイトではそういった方の為に様々な情報を掲載し、その方法、なぜお金が返ってくるのかという仕組み、そしてよくある質問等ご紹介しております。

なかなか馴染みのない手続きだけに不安のある方も多いかと思いますが、当サイトで少しでも知識を得ていただき、何かのお役に立てましたら幸いです。

また借金問題などでお悩みの方の解決策になれば良いと考えています。

過払い金が発生していたら請求して取り戻す

過払い金は、借金をした際の金利が利息制限法で定められた上限をオーバーしていた場合に発生するものです。そのオーバーした分は返還請求をすることで取り戻すことができます。その手続きのことを過払い金請求といいます。

過払い金請求は自分で行うこともできますが、時間や手間がかかってしまい長引いてしまう可能性があるので、専門家である司法書士や弁護士に手続きを全てお任せするというのがベストな方法となります。

そのためには最初に借金相談をする必要があるので、最寄りの事務所に電話などで問い合わせてみましょう。自治体や弁護士会が設置している窓口を利用するという方法もおすすめです。

過払い金と借金の状態について

過払い金の返還の請求をしたい場合には、それぞれの負債の状態をじっくりと確認することが重要な課題として挙げられます。最近では、過払い金に関するトラブルを抱えながら生活をしている日本人が決して少なくないとされ、いざという時に備えて、コストパフォーマンスの良い弁護士や司法書士などに相談を持ち掛けることが良いでしょう。

また、過払い金の金額については、それぞれの借入額によって、大きく事情が異なるケースがあるため、少しでも悩みを解消したい時には、日ごろから積極的に依頼先を見つけることが課題として挙げられます。

自己破産は任意整理より早く立て直せる

立て直しを考えている場合、どのような方法で実施していくかかなり重要になっています。実は立て直しに時間がかかるのは任意整理の方で、自己破産を行っている場合はすぐに立て直せます。

これは借金の額が影響していて、金額的に安心できる状況を作れるのが自己破産、支払いを続けていく必要のあるのが任意整理と考えてください。立て直しを早くしたいなら、対応する方法をかなり強力なものに変えてもいいですが、リスクが当然出てきます。守るものが多く残っているのであれば、取れる方法が変わってくることも前提に入れて検討してください。

債務整理の特定調停ってなに?

債務整理の特定調停の手続きを取ることによって、大幅に経済的な負担を軽減できることがあるため、信頼度の高い法律事務所にいち早く問い合わせをすることが有効です。

現在のところ、債務整理の重要性に関して、多方面のメディアで分かりやすく紹介が行われる機会が増えてきており、いざという時のために、同じような立場の人のレビューに目を通しておくことが欠かせません。その他、継続的にアフターサポートがきちんとしている法律事務所の実績の良しあしを調べることで、誰しも契約先をスムーズに見つけることができるようになります。

任意整理は自己破産よりも敷居が低い

行うためには、当然難しい方法を検討していくこととなります。できないことを続けていても、それは難しい状況になってしまうでしょう。任意整理の場合は、自己破産よりも行いやすい状況になっていて、実施しやすいことのメリットがしっかり得られるようになっています。

かなり期待している状況を作れるようになりますから、自己破産に比べると楽に行えると判断できます。しかも行っている状況が誰にも知られることがありませんから、安心して行える方法として活用できます。その影響を考えると、実施しやすい環境にあるのは間違いないことで、行っていくといいでしょう。

グレーゾーン時代の借金は過払い金請求のチャンス

10万円未満であると20%の金利が利息制限法、出資法では29.2%までの金利が認められていた時代がありました。これをグレーゾーンを呼んでいます。この時期に借金をしていた過去がある人は、過払い金請求をすることが可能です。

これは余計な金利を支払い過ぎており、それを取り戻すことができる請求になります。債務整理の一種になりますので、過払い金請求に詳しい法律事務所に依頼すると良いでしょう。最後に返済した日から10年まで請求できるという時効もありますので、なるたけ急いで法律事務所に相談をすることをおすすめします。

過払い金請求を知る