過払い金請求いろは

image

交通事故相談して早期解決

交通事故相談では、被害者となってしまい慰謝料を請求することを相談する人が少なくありません。事例は様々なので、金額を一概にいうことなどできません。けれども保険会社の基準と異なり、弁護士基準で計算されますので、保険会社より増額されることがほとんどです。

治療のために休職しなければならなくなり、その被害賠償を求めたケースでは40万円増額されました。保険会社では、加入する保険の内容に従って忠実に手続きを進めるので、事務的な対応しかしてくれません。ましてや加害者の保険会社と交渉したり、折衝などしてくれません。

交通事故相談はどういった時にもめるの?

交通事故相談に慰謝料の件で来る人は、一体どういった内容で相談をしに来るのでしょうか?事例を見ていきましょう。社会人のAさんはある日交通事故にあって、むちうちになってしまいました。通院を続けていたのですが1年経っても完治する感じがしません。

1年とちょっとたった時に保険会社から「もう治っていますよね?治療費はこれ以上払うことができません」といった連絡がきました。実際にはまだ治っておらず、通院も今度必要なのに今治療費用の打ち切りに合ってしまったら困る…といった感じで弁護士の元に相談に行きました。こういったむちうちの事例は非常に多いのです。

慰謝料を引き上げるための交通事故相談

交通事故の際に慰謝料が支払われる事は多くの人が知っていると思いますが、実は3つの基準があることを知っていますか。加害者側との交渉において、どの基準が適応されるか決定されます。弁護士基準や、任意保険や自賠責保険での基準があり、基準に応じて慰謝料の金額が変化されます。

しっかりと正当な金額を受け取るのであれば、交通事故弁護士に交通事故相談をおこなうべきでしょう。交通事故相談をおこなうことで、状況やポイント、相場などを知ることができます。また、交通事故弁護士に代わりに交渉をしてもらうことで、金額の引き上げが可能になっている事例も数多くあります。

さまざまな場所で行われている交通事故相談

交通事故についてはさまざまな場所で起きてしまっていますが、解決するにあたっては慰謝料で解決する流れとなります。しかしながら、怪我などの被害によっては自分一人では対処しにくいようなケースもあるでしょう。

そのような際には専門家に交通事故相談をしてみることをお勧めします。専門家であれば、交通事故の慰謝料などの事例についても詳しいですので、詳しく教えてくださることでしょう。弁護士に限らず、さまざまな機関や団体で交通事故の相談をおこなわれていますので、インターネットなどでリサーチを行うことで見つけることができるでしょう。

弁護士でなくでもできる交通事故相談

交通事故に巻き込まれてしまった際には、多くの人が不安になることが予想されます。そのような事態に自分たちだけで対応することもできますが、できる限り正当な権利を獲得するためにも、法律家などの専門家に交通事故相談をするべきでしょう。

個人事務所に相談することが不安なら、交通事故紛争処理センターや日本弁護士連合会といった団体でも、交通事故の相談に対応していますので、こういった機関を利用するのも1つの手段といえます。さまざまな事例がありますので、そのようなことも教えてもらい、正当な慰謝料を受け取るようにしましょう。

大阪地方裁判所・大阪家庭裁判所

http://www.courts.go.jp/osaka/

〒530-8522
大阪府大阪市北区西天満2-1-10

TEL:06-6363-1281

京阪電鉄なにわ橋駅から徒歩約5分
京阪電鉄大江橋駅から徒歩約7分
大阪市営地下鉄堺筋線・京阪電鉄北浜駅などから徒歩約10分
大阪市営地下鉄御堂筋線・京阪電鉄淀屋橋駅などから徒歩約10分
JR北新地駅から徒歩約15分

むちうち慰謝料などの交通事故相談関連

メニュー

TOP 過払い 過払い請求 債務整理 交通事故相談 むちうち慰謝料 交通事故慰謝料 交通事故弁護士