過払い金請求いろは

image

交通事故慰謝料の請求が発生する事例

交通事故慰謝料が発生する場合、被害者の怪我の状態や事故の発生状況に伴った内容が事例として挙げられます。加害者への請求手続きが行われる場合については、保険会社が介入した上で、条件交渉が進められるようになります。

被害者の方にとって早急に対処してほしい問題でありながらも、思うように話し合いが進められない場合や、提示された条件内容について判断が難しい場合もあります。弁護士への相談を行うことによって悩みが解決できるケースもあり、法律に基づいた情報や判断基準が取り入れられることで、速やかな解決が目指せます。

弁護士への依頼で交通事故慰謝料が倍以上に増額した事例も

交通事故の被害に遭われた際、保険会社から提示される示談金は、低額である場合が多いです。被害者の健康へのダメージが深刻であったり、死者が出ているような事故においては、金額の低さに納得できない方がほとんどかと思います。

示談を成立させる前に、交通事故を専門に取り扱っている弁護士事務所に相談しましょう。弁護士に依頼をすると、まずは事故状況の徹底調査と、被害者の怪我の状態の再診断が行われます。そのうえで、保険会社の相場よりも高額な慰謝料にて、示談交渉が行われるのです。弁護士の優れた働きにより、交通事故慰謝料が倍以上に増額した事例も珍しくありません。

過去の事例を踏まえて交通事故慰謝料を検討しましょう

保険会社から提示される交通事故慰謝料は、弁護士が示談交渉を行なった際の慰謝料よりも、低額であることをご存知でしょうか?実は慰謝料には相場が設定されていて、任意保険会社の相場と、弁護士の相場では、価格が全く異なるのです。

過去には、保険会社の慰謝料に納得せず、交通事故専門の弁護士に示談交渉を依頼し、交通事故慰謝料が1,000万円も増額された事例が存在します。被害状況に見合わない慰謝料を提示された場合は、泣き寝入りせず、弁護士に相談すると良いでしょう。過去の事例を踏まえれば、提示された額の倍以上の慰謝料による、和解成立が期待できます。

交通事故慰謝料を弁護士に依頼した場合の事例

交通事故で受けた怪我の度合いや、日常生活にどのくらい支障が出ているかによって交通事故慰謝料の金額は変わります。また、被害者側にも過失がある場合も少なくありません。

加害者が任意保険に入っていると、保険会社がそれらを考慮して交通事故慰謝料の目安を出し、被害者と示談交渉を行っていきます。その場合の基準は各保険会社が独自で作成した基準で、法的な強制力はありません。ですから、金額に納得がいかない時には弁護士に相談するといいでしょう。過去の事例を参照する弁護士基準での算出は、その他の基準と比べて慰謝料や賠償金が高くなる傾向にあります。

交通事故慰謝料の事例内容

弁護士の業務の一つに交通事故相談があることを知っていますか?この相談に関しては、交通事故の被害内容に応じての交通事故慰謝料の交渉がメインになってきます。この交渉がうまくできるかどうかで交通事故慰謝料の慰謝料の金額は変わりますので、被害者にとっては大きなことでしょう。

特に怪我の症状が悪いような事例の場合には、後遺障害などの可能性も出てきます。そうしたさまざまなことを予測し対応をおこなってくださいますので、交通弁護士に依頼することをお勧めします。少しでも多くの交通事故の慰謝料を受け取れると良いですね。

交通事故慰謝料相談なら法律事務所、弁護士法人リーガルプラス千葉、茨城、東京

市川事務所
〒272-0021 千葉県市川市八幡2-16-1 はぐちビル4 階
JR本八幡駅北口より徒歩1分

船橋・津田沼事務所
〒274-0825 千葉県船橋市前原西2-14-2
津田沼駅前安田ビル10 階1002 号室
JR津田沼駅北口徒歩1分

千葉事務所
〒260-0015 千葉県千葉市中央区富士見1丁目14番11号
常盤ビル7階A
JR千葉駅(中央改札口)東口 徒歩3分

成田事務所
〒286-0033 千葉県成田市花崎町800-6 丸喜ビル5 階
京成成田駅東口より徒歩5分

東京事務所
〒103-0027 東京都中央区日本橋3-1-4 画廊ビル7階701号室
東京メトロ銀座線 日本橋駅より徒歩1分

かしま事務所
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中字東山321-1
JR鹿島神宮駅から徒歩27分
駅からタクシーをご利用の場合は10分

https://legalplus.jp/

交通事故慰謝料関連