過払い金請求いろは

image

債務整理

任意整理を弁護士に依頼すると支払いの請求や取り立てを停止する、という方法です。
和解が成立するまでの間に今までの生活を見直し、今後の計画を立てましょう。

債務整理の中でも自己破産という手段があります。多額な借金で経済的破綻してしまった時などに用いる最終手段と言っても過言ではありません。

自己破産をすることによってメリットデメリットがありますが、人生をやり直すための制度であり、日本人なら誰もが持っている権利です。

しかし、慎重に行わなければ損をする場合がありますので信頼できる弁護士に相談しましょう。

債務整理についての相談を弁護士に依頼

多重債務は、ローン会社から融資などを受けたり銀行のカードローン、キャッシュカードのキャッシングなどのローンが多額になって多額の借金をして困っている状態をいいます。解消するためには、まず弁護士事務所などに相談することをお勧めします。

失敗しない借金整理の方法を弁護士が教えてくれるでしょう。債務整理によって借金の払いすぎた過払い金請求をすることも可能です。過払い請求をしたところからお金は借りられなくなるかもしれないというデメリットもあるものの、借金をリセットしてやり直したいなら、早めに手続きをとって返済計画を立て直すのがよいでしょう。

債務整理の意味と請求方法

法律事務所では債務整理も行っています。消費者金融や銀行カードローンやクレジット会社からのキャッシングが度重なり、借金が膨れ上がって返済に苦しんでいる多重債務者をサポートします。

まず、返済期間が長期化している場合は過払い金が発生していないかどうかを法律事務所に調査してもらうことをおすすめします。返却された過払い金で借金の残額が帳消しになるようなら、時効となってしまう前に速やかに手続きへと移りましょう。完済分だけでなく、現在返済中のものについても過払い請求は可能です。ただし、請求をしても返済が終わらなかった場合にはブラックリストに登録されて今後の借り入れが制限されることもあるため、注意が必要です。

前向きな生活を目指すための債務整理

債務整理と聞くとネガティブなイメージに受け取る方がほとんどですが、新しい生活を始めるための前向きな手段でもあるのです。借金の返済に追われる生活から抜け出すために返済計画を見直す、法律で認められた権利です。こうした制度を利用するのは恥ずかしいことではありません。

債務整理には、過払い金請求、任意整理、民事再生、自己破産といった方法があります。仕事の状況、所有している資産状況、複数から借り入れをしている多重債務など、置かれている状況に応じてそれぞれメリットとデメリットがありますので、法律専門家に相談をして、どの方法が適しているのか認識することから始めましょう。

借金のない生活を取り戻すための債務整理

債務整理は、借金の返済で生活が立ち行かなくなってしまった人の救済処置として、国が定めた法的な手続きです。手続きには、過払い金請求や任意整理、民事再生、自己破産といった方法があります。そのなかでも任意整理は、比較的デメリットが少なく、利用者が最も多い方法となります。

手続きにかかる期間は1ヶ月から3ヶ月程度で、債務整理の中で最も短く、かかる費用も弁護士費用のみです。任意整理は特に自分の車や家などの財産差し押さえられることなく、手続きできます。多重債務者はいち早く現状を抜け出すことが必要であり、弁護士による支援、救済が必要とされています。

過払い金・過払い請求と債務整理関連

メニュー

TOP 過払い 過払い請求 債務整理 交通事故相談 むちうち慰謝料 交通事故慰謝料 交通事故弁護士