過払い金請求いろは

image

グレーゾーン金利って?

グレーゾーン金利(グレーゾーンきんり)とは、2010年6月18日施行の貸金業法及び出資法改正前に存在した利息制限法に定める上限金利は超えるものの出資法に定める上限金利には満たない金利のこと。

利息制限法によると、利息の契約は、同法で定められた利率を超える超過部分は無効とされている。
貸金業者、特に消費者金融(サラ金)業者の多くは、この金利帯で金銭を貸し出していた。
(wikipediaより引用)

簡単に説明すると、法律違反にならないいわゆるグレーゾーンと呼ばれる金利が存在したということです。
そのグレーゾーンが法改正によってブラックゾーンになったので、それまでにグレーゾーン金利を支払っていた人が遡って払い過ぎた分を取り戻せるというのが過払い金返還請求です。

昔は当たり前のようにこのグレーゾーンが使われていましたが2006年に「グレーゾーン金利を違法とし、債務者にその分は返還せよ」と最高裁が判決を下したことで、利息制限法で定められた額よりも多く支払った利息分を取り返すことが可能となりました。