過払い金請求いろは

image

弁護士に交通事故相談をして慰謝料の増額をしましょう

交通事故は毎日のように全国各地で発生しています。道路を利用している人はいつどこで事故に巻き込まれるかわかりません。交通事故に遭遇した場合には、怪我の程度によって、私生活に影響が出てしまったり、仕事が出来なくなってしまったりすることがあります。

事故によって生じた金額を慰謝料という形で賠償してもらいますが、その金額がとても低く計算されている為、納得がいかない場合が多いです。その場合、護士に交通事故相談をすることで、過去の裁判事例などを元に相場を算出し、現状の金額が正しいのか確認をしてくれます。不適切な場合には、代理で保険会社と交渉をしてくれます。

必ず弁護士に交通事故相談をしてください

毎日のように日本のどこかで交通事故が起きています。道路を利用する人はどこで事故に巻き込まれてもおかしくありません。事故に巻き込まれた時に、怪我の具合によって、仕事が出来なくなったり、私生活を満足に送れなくなったりすることがあります。

そのような時に最低限の治療や生活を送る事が出来るように慰謝料をもらうことが出来ます。しかし金額に納得がいかない場合には、弁護士に交通事故相談をしてください。裁判事例と比較して適正かどうか判断してくれます。不適正と判定された場合には、弁護士が代理で交渉を行い、金額を引き上げてくれます。

過去に交通事故相談した人の経験談を知りたい

自分が交通事故にあった時に、似たような目に合っている人は慰謝料をどれくらいもらっているのか、どのような対応をしていったのかどうか気になりますよね。しかしすぐ身近にそういった人を探すことが難しいかと思います。

そういった時に頼りになるのがインターネットです。こちらであれば交通事故にあった人たちの話や、交通事故相談の例を見ることができます。そういった事例をまとめているようなサイトも今あり、事例別になっていたりととても見やすくなっているのが特徴的です。インターネット上で誰か判明できないような匿名性の高いという難点はありますが、顔を知らない人だからこそ聞きやすいということもあります。

交通事故相談に来る人はどんな人?

交通事故相談に来る人は当然交通事故にあった人なのですが、事故にあった人が全員相談に行く訳ではありません。ではどういった人が主に相談にくるのでしょうか?一番多いのは加害者や、保険会社と慰謝料についてもめている場合が多いです。

特に多い事例がむちうちによる後遺障害が残ってしまった場合です。治療費用が途中で打ち切られてしまった、診断書の内容がよくなかったせいで相手から非常に安い価格を提示されている…などといった内容が多いです。特に保険会社相手の場合には弁護士に依頼する場合と個人的に請求をかける場合では全く金額が異なってくるので注意が必要です。

交通事故相談に行こう

自分が交通事故にあってしまった時にすぐに頼りにできる交通事故相談所的なものがあるといいですよね?慰謝料など請求したことないし、どのようにして請求の手続きをしたらいいのかわからないという人も沢山いるでしょう。

そこで頼りになるのが地域の民間の相談所です。基本的に市で運営しているような所は無料相談を受け付けてくれますし、地域の様々な事例を見てきているのでとても頼りになります。今後慰謝料を請求しようと考えている人は弁護士なども必要になるかもしれませんが、弁護士の紹介なども行ってくれます。こういった所の紹介でしたら安心です。

大阪地方裁判所・大阪家庭裁判所

http://www.courts.go.jp/osaka/

〒530-8522
大阪府大阪市北区西天満2-1-10

TEL:06-6363-1281

京阪電鉄なにわ橋駅から徒歩約5分
京阪電鉄大江橋駅から徒歩約7分
大阪市営地下鉄堺筋線・京阪電鉄北浜駅などから徒歩約10分
大阪市営地下鉄御堂筋線・京阪電鉄淀屋橋駅などから徒歩約10分
JR北新地駅から徒歩約15分