過払い金請求いろは

image

債務整理

債務整理は借金で困った時には困った私たちを助けてくれるありがたいものです。

しかし、債務整理をおこなう状況というのはかなりピンチという状況の人が多いのではないでしょうか。 ですので、このまま行けば返済がちょっとしんどくなりそうだと思えば、すぐに行うといいかもしれません。

しかし、それまでにできるだけしっかりと対策を行って問題なく返済できるような借入を行いましょう。 できれば、借り入れる時に自信を持って返済する事ができる金額だけを借り入れる様にしましょう。

できるだけ債務整理に頼る事なく、自分で積極的に解決する事が望ましいでしょう。

借金の前に債務整理について知ることが必要

借金をするきっかけは人それぞれです。起業のための資金調達や株、家や車や効果なものを購入するときなど、人生における大きなタイミングのときでもあります。大きな借金をすると、返済のために複数からお金を借りる必要が出ることもあり、多重債務になってしまうことも考えられます。

借金をするときは、そこで発生するリスクもきちんと知ることが大切です。また、同時に債務整理についても知っておきましょう。万が一の場合、借金をして負担を負い続けるのではなく、借金を減らしたり、返済期間を延ばすといった処置を取ることで普通の生活を取り戻すための手続きを知ることも重要です。

多重債務を債務整理で清算する

多重債務は、貸金業者などから、複数の借金をしていることをいいます。全国でも貸金業者の2社以上から借り入れを行っている人は年々増え続けていると言われています。

借金のある人が、返済の期間に融通や猶予を持たせてもらうことで支払いを継続したり、払い続けた利息の計算をして減額させることで借金生活から抜け出すといった、複数の債務整理の方法があり、それらを利用する人も増加しています。債務整理には、自分でする方法と弁護士に頼む方法があります。多重債務で借金が膨らんでしまっている場合は、借金を清算させる必要があります。

債務整理の種類と方法

債務整理には、任意整理、過払金請求、個人再生、自己破産の四種類があります。この中で一番利用されているのが任意整理で、弁護士や司法書士に債権者と交渉してもらい、借金の減額、一括払いを分割にしてもらう等、今より良い条件で返済可能になる交渉をしてもらうものです。

数年間ローンが組めない、新しい借入が出来ない等デメリットもありますが、財産を没収されず周囲にも知られません。ただし、多重債務を抱え、専門家に相談しても返済不可能な借金があれば、裁判所に破産申立をし、ほぼ全ての借金を免除されるかわりに、ブラックリストに載り、家や一定額以上の財産は強制的に没収される自己破産しか手段はなくなります。

債務整理で負担を軽くする

金利のカットによる減額や返済期間にゆとりを持たせることにより、借金返済時の負担を減らす手続きを債務整理といいます。債務整理をするための手続き方法には、実際よりも払いすぎた過払い金の請求、任意整理、民事再生、自己破産などさまざまな手段があります。

これらを専門とする弁護士に手続きの依頼をすると、取り立てが中断されたり、借り入れ先と交渉して借金の負担を減らしてくれたりします。今はネットや電話などでも気軽に相談することができるので、多重債務など借金の返済についてお困りの方は一度利用されてみてはいかがでしょうか。