過払い金請求いろは

image

交通事故相談をおこなう

不慮の交通事故にあってしまい、それがはじめて経験だった場合においては、多くの人が戸惑ってしまうようです。そうしたなかで、自分だけで交通事故の処理や解決をすることもできますが、その場合においては交通事故の慰謝料が平均よりも下回ってしまうような事例もあるようです。

他にも後遺障害などが起こるようなケースなどもありますので、不測の事態に備えて専門家や法律家に交通事故相談をしておく事は必要でしょう。専門家や法律家であれば、ていねいに対応してくださいますので、安心して交通事故相談をおこなうことができるでしょう。

交通事故相談をして弁護士会基準で計算してもらいましょう

交通事故の被害者がもらうことが出来る慰謝料は、程度基準が定められており、自賠責保険基準、任意保険基準、弁護士会基準の3つとなります。どの基準で算出するかによって、大きな金額の差が出てきます。

自賠責保険基準や、任意保険基準はあまり金額が高くないので、納得がいかないケースが多いので、弁護士に交通事故相談をして、過去の事例などを参考に弁護士会基準で再算出してもらいましょう。再算出することで、金額に大きな開きがあった場合には、弁護士が加害者側と直接交渉をすることで、簡単に慰謝料の金額を引き上げられます。

交通事故相談をする弁護士を探したい

交通事故相談をするのであれば万が一訴訟に繋がってしまった時のことを考えても弁護士が一番安心です。しかし沢山の弁護士さんの中から自分に一番合っている弁護士を探すことが非常に難しいです。特に慰謝料請求などについてはおお金に関することですので相談しやすい弁護士さんの方がいいですよね。

そういった時に頼りになるのが地域の交通事故相談所などです。こちらでは過去の事例に基づいて繋がりがあったり、安心してお任せできるような法律事務所を教えてくれます。しっかりとした相談所からの紹介であればこちらも「本当にここ大丈夫かな?」といった思いをしなくて済みます。

交通事故相談はなぜした方がいいの?

交通事故にあった際には慰謝料などを請求するのに交通事故相談所などを頼ってみましょう。過去の事例を見てみても弁護士などの専門家に間に入ってもらった時と、入ってもらわなかった時では慰謝料の差に10倍以上出るような事例もあります。

今後の生活にも大きく関わってきますので10倍の差は見逃せないですよね?仮に弁護士への依頼費用がかかったとしてもプラスマイナスで考えるとプラスになります。なぜこんなに金額に差が出るのかと言いますと、保険会社が提示してくれる金額に関しては最初から使用する基準が変わってくるためです。

しばらく出勤できない時の交通事故相談

交通事故にあってしまいしばらく働きに出てないという事例はよく聞きます。またこういった際に必ず発生するのが慰謝料の問題です。万が一自分が通常の勤務もできないような状態なのでしたら弁護士さんなどに代理をお願いした方がいいでしょう。

働きに出られない間の慰謝料に関しては通常治療費用や入院費用にプラスして、本来働いていれば得ることができる予定だった給与分を請求することができます。会社からも有休扱いになりますので、きちんとした対応をしてくれるかと思いますが、請求できる所はしっかり請求しておきましょう。万が一後遺障害が残ってしまうようでしたら再度交通事故相談が必要です。

大阪地方裁判所・大阪家庭裁判所

http://www.courts.go.jp/osaka/

〒530-8522
大阪府大阪市北区西天満2-1-10

TEL:06-6363-1281

京阪電鉄なにわ橋駅から徒歩約5分
京阪電鉄大江橋駅から徒歩約7分
大阪市営地下鉄堺筋線・京阪電鉄北浜駅などから徒歩約10分
大阪市営地下鉄御堂筋線・京阪電鉄淀屋橋駅などから徒歩約10分
JR北新地駅から徒歩約15分