過払い金請求いろは

image

請求の方法って?

過払い金返還請求は個人で行うことは可能です。(専門知識が必要になります。)

しかし、信頼のできる弁護士か、司法書士に相談するのが賢明です。

請求方法は、まず債権者(消費者金融等)から支払いの履歴を取得し、利息を計算し直します。
その後は示談による場合と裁判所での訴訟提起による場合があります。

どちらの方法にするかは本人の意向や過払い金の額、急ぎかどうか等の事情によりますが、やはり訴訟のほうが確実に手続きが進んでいくというのが実際のところです。

最近では示談に素直に応じる業者も増えてきましたが、やはり抵抗する業者もまだまだ多いというのが本音です。トラブルを防ぐためにも信頼できる法律家に依頼することをお勧めします。

過払い請求と利息制限法

過払い請求とは、利息制限法の上限金利を超えて貸し付けを行っていた業者に対して、支払いすぎた利息を返還してもらう手続きのことを指します。

債務整理を行うときには、これが行われることが多いのです。利息制限法では、10万円未満であれば20%、それを超えて100万円未満であれば18%、100万円以上の場合には15%と上限が定められていますから、これを超えた金利で借り入れをしていたときには、返還してもらう権利が発生します。

債務整理が行われるときには過払い請求が行われることが多いのですが、それによって返還してもらう事ができる場合も多いと言えるでしょう。

弁護士で過払い請求

いきなり弁護士の所に行って過払いのお願いをすると行っても、詳しい事を把握しないままでは不安に感じる事もあるでしょう。

どんな事を行ってくれるのか、お金はいくらかかるのか、気になりますよね。まずは、ネットを使って知識を付けてから相談してはどうでしょう。

まず、過払いは発生していない人もおり、その場合に弁護士の元を訪れてもどうする事もできません。

まずどの様なものであるのかという事を把握し、自分の借金に支払う必要のない余分なお金が含まれているのかという事を、おおまかに把握しておくといいでしょう。

正確に調べるのは弁護士でないと難しい事もある様ですが、おおまかに調べる位なら自分でも可能でしょう。

過払い請求を弁護士に依頼する

過去に多重債務があって、複数の金融機関でお金を借りて苦労した方もいるかもしれません。そのような方の場合には、もしかしたら過払い金と呼ばれる不当に高い金利での返済を行っていた場合もあり得ます。

もしも身に覚えがあるなら、また該当するかわからない場合であっても弁護士に過払い請求の相談をするとよいでしょう。過払い請求は法的要件があるため、個人でその内容を判断することが難しい場合があります。そのため、専門的知識のある弁護士にまず自分が該当するかを確認してもらい、諸所の手続き業務を依頼することで安心して過払い金を返してもらうことができるでしょう。

大阪地方裁判所・大阪家庭裁判所

http://www.courts.go.jp/osaka/

〒530-8522
大阪府大阪市北区西天満2-1-10

TEL:06-6363-1281

京阪電鉄なにわ橋駅から徒歩約5分
京阪電鉄大江橋駅から徒歩約7分
大阪市営地下鉄堺筋線・京阪電鉄北浜駅などから徒歩約10分
大阪市営地下鉄御堂筋線・京阪電鉄淀屋橋駅などから徒歩約10分
JR北新地駅から徒歩約15分

過払い金・過払い請求と債務整理関連

メニュー

TOP 過払い 過払い請求 債務整理 交通事故相談 むちうち慰謝料 交通事故慰謝料 交通事故弁護士